↑ Return to 特別企画

ゼロケルビンさんのリスナー交流会レポート at 秘密基地nanaco

2013年9月1日、こしフルリスナーの聖地(?)秘密基地nanacoにて、ゼロケルビンさん主催のリスナー交流会が開催されました。

残念ながらワタクシふりっぷは参加できなかったわけですが、ゼロさんから詳細なレポートをいただきました!

ゲレゲレさんが投稿で触れられていた、古原奈々お手製の葉っぱ入りの何か(!)の写真もどどんと掲載いたします。あとで請求が来そうでこわいですねw おっといけません。ワタシが長文書いても仕方ありませんね。では参りましょう!

第一回リスナー交流会 at 秘密基地nanaco 参加者

  • こしらさん
  • 古原さん
  • カツムラさん
  • ゼロケルビンさん
  • ゲレゲレさん
  • おっぱいおばけさん
  • ながうさん
  • ニャンちゅうさん

 

——— 以下 ゼロさんのレポートです! ———-

 

去る9月1日、古原さんが経営する秘密基地nanacoにて、リスナー交流会が行われました。「お店に行ってみたいので、8月28日から9月1日までで休業する日があったら教えてください」「いつか秘密基地で飲み会とかできたらいいですね」と投稿しただけでまさか企画からさせられるとは思っていませんでした。さすがはこしらさん、破天荒です。

時系列に沿って話をしていきます。まず8月28日、名古屋から東京に帰省しました。それから3日間、東京に就職した大学の先輩を訪ねたり、高校時代の友達と遊びに行ったり、久しぶり実家暮らしも堪能し、8月31日、交流会の前日に秘密基地へと下見に訪れました。千駄木はいい街でした。適度に都会で、適度に下町です。休日なので、少し歩道が狭いかなと感じるくらいの人通りがありました。歩くこと5分、大きなリボンが目立つやたらファンシーなお店に到着。バス停の目の前なので、バスを待つ人の目が気になる中、男性にとってはとても入りにくいお店へ、できるだけ自然に入っていきました。古原さんは僕のことを覚えてくださっていたようで、入るなり「あ、ゼロさーん!」と声をかけていただきました。レンタルスペースの広さ、テーブルの広さ、買い出しをする予定のお店、買う物、参加者の数、来る時間、などを打ち合わせつつ、まったりと過ごしました。秘密基地はファンシーなお店ですが、意外と落ち着くという不思議な空間でした。サイフォンで淹れるコーヒーや、エスプレッソなどをご馳走になりました。サイフォンはやはり雰囲気があっていいですね。今は使う喫茶店も少なくってきている気がしますが、見た目の美しさがあって、秘密基地に合っていたと思います。ながうさんにも電話をかけ、暇だったら来られないかと聞いてみると、「ピザ食べてますー」という返事が。16時くらいだったのですが、おやつに食べているのでしょうか。そりゃあ太りますよ。遅い昼食であることを祈ります。そのあとは寝てしまったようで、古原さんと「こんなことしてれば太るよねー」と言い合ってました。寝ながらくしゃみをしていたらすみません。気がつくとかなりの時間が経っており、古原さんにはご迷惑をおかけしました。お客さんも数組入ってきました。ファンシーなのが好きそうな常連さん? もいらしたので、リスナーが思っているより上手くいっているかもしれません。

当日、実は僕は高校の同窓会がかぶってしまっていました。同窓会は18時半スタートで、交流会に間に合うように行くには19時に抜ける必要があります。古原さんに相談すると、「ながうと私でやっとくから大丈夫! 久しぶりに会うんだからもうちょっといなよー!」と言っていただいたので、買い出しから準備までながうさんと古原さんにお任せいたしました。そんなこんなで非常に申し訳ないのですが、主催にも拘らず僕は20時10分に到着しました。レンタルスペースの戸を開けると、そこにはかの有名な敏腕ディレクター勝村さんと、非常に綺麗な女の人と、非常に太った男の人がいました。勝村さんとは会ったことはありましたが、あまり話したことがなかったので、全員初対面みたいなものだなと思っていました。しかし「あ、ゼロケルビンさん!」と太った人から声をかけられ、少し混乱しましたが、よくよく顔を見るとなんとながうさんでした。僕の中のながうさんとはかけ離れた体型で、つい一言目に「ながうさん、太りましたねー!」と言ってしまいました。すみません、本音です。綺麗な女の方はゲレゲレさんでした。僕が今まで会った人の中でも群を抜いて綺麗な方で、驚きました。清楚系の美人です。ながうさんとゲレゲレさんと、入った途端、二人に驚かされました。勝村さんはこしらさんと古原さんという奇想天外な二人の番組を任されているくらいなので、やはり安定感のある方でした。話しているときも適度な仕切りを入れて、勝村さんがいると会話がスムーズに進みます。お人柄からディレクター向きなんだなと感じました。

しばらくすると、こしらさんが登場しました。さすがのカリスマ性です。入ってきただけで場が沸きました。いつもの固定具のついた帽子も健在です。おっぱいおばけさんがすごくセクシーな装いで登場し、古原さんは料理を作っていてくださる中、飲み会が始まりました。とても面白い話がたくさんあったのですが、ここで書いてもいいのか判断がつかないので、残念ながら詳しく書かないことにしておきます。料理を作り終えた古原さんも参加し、お話を伺いましたが、おっぱいおばけさんと古原さんが友達になった経緯はその場でも話されませんでした。何かよっぽど言えないことがあるのでしょう。しばらく話していると、ニャンちゅうさんがいらっしゃいました。大学を卒業後、何やら面白いことを企んでいるようです。その用事で遅れたみたいでした。さっそくながうさんやこしらさんにいじられていましたが、どうやらそういう位置づけのようです。初対面でしたが僕も多少いじってしまいました。すみません。ムードメイカー的な人で、ニャンちゅうさんがいるだけで場が明るくなるような、そんな人です。秘密基地にも何度か来ているようで、古原イズムが少し入っていました。ながうさんは入り浸っているらしく、より濃く古原イズムを継承していました。交流会は古原サイド(古原さん、ながうさん、ニャンちゅうさん)とそれ以外で分かれていたような気がします。ゲレゲレさんは歌が上手だということと、コスプレをするという話を伺いました。大人しそうな雰囲気の方だったので、その積極さは意外でした。声もとてもかわいらしかったので、是非聴いてみたく、そして見てみたいですね。もうちょっとお話したかったのですが、参加者はよくしゃべる人ばかりでしたので聞き役になってしまい、それが少し心残りです。リスナーには他に漫画を描ける人もいらっしゃるようですし、芸能的な何かを持った人が多いみたいです。楽しい時間が過ぎ、夜が更けていきます。終電に追われ、一人二人と帰っていき、12時を回ったくらいの時刻についに解散となりました。僕は残って少し片付けを手伝い、日暮里の漫画喫茶を目指して歩きました。運良く席は空いていて、そこで番組宛のメールを書き、寝ることとしました。漫画を一冊も読まなかったのが悔やまれます。次の日は5時40分の始発で名古屋に帰り、8時20分集合で友達と旅行に出かけました。神戸まで運転したのですが、幸い寝たりもせず無事でした。

↓ 【左】これが葉っぱ入りの炒め物&うんこ豆腐だ!(ふりっぷ注)

NEC_1512NEC_1513

 

最後に謝辞を。こしらさん、勝村さん、お忙しい中、このような会に参加してくださってありがとうございました。企画段階からご迷惑をおかけしましたが、迅速な対応感謝いたします。こしらさんには、「長男の確率」を求めた人への景品である手ぬぐいをいただき、その場でサインしてくださいました。今部屋に飾ってあります。ありがとうございました。ニャンちゅうさん、何やら特殊な世界で立ち回り大変そうですね。そんな中参加してくださりありがとうございました。成功を祈っています。ゲレゲレさん、お忙しい中、参加してくださりありがとうございます。連絡の不手際がありすみませんでした。遠いですが是非また京都かどこかでお会いできたら嬉しいです。ながうさん、買い出しを含め、準備から何までありがとうございました。お仕事がお忙しいようですが、どうかご自愛ください。太ったことに触れすぎてすみません。ここまで読んでくださった皆様へ、面白くもなく、長い文章ですみません。主催でしたので、今までとは違い個人的なことを少し入れて書いてみたかったのです。伝えたいことが伝わっていると幸いです。そして古原さん、飲食禁止のレンタルスペースでの飲み会を快諾し、手料理までご馳走してくださり、ありがとうございました。料理、とても美味しかったです。ご飯は食べてきたのですが、かなり箸が進みました。ゲレゲレさんには「おしゃれな葉っぱが入った炒め物」と大絶賛でしたね。短い時間での企画ということもあってか、古原さんにはかなりの負担をかけてしまいました。申し訳ありませんでした。それでも快く作業をしてくださった古原さんに感謝します。帰省の度、年に2回程秘密基地にはお伺いする予定ですので、また宜しくお願いします。お店が末永く続くことを祈りつつ。

 

9月初旬 ゼロケルビン

 

——— レポートここまで ———-

いやぁ~、長かった(違)

ゼロさん、渾身のレポート有り難うございます!

なんと申しますか、三分の一くらいは他の参加者の方への感謝の言葉になっているあたりがゼロさんらしい。これが古原さんだったら、全編にわたっての苦労自慢になっているところです。(ネタですよ! ネタ!)

このあたりが、復帰祝いが来る人と来ない人の違いなのだと、悔しい思いをかみしめつつ(しつこい)、楽しく読ませていただきました。

それにしても参加メンバーの濃いこと濃いことw

しかしゼロさん、ゲレゲレさん絶賛は良いけど、「今まで会った人の中でも群を抜いて綺麗な方」……これはいけません。ここは「今まで会った人の中でもフルハラ様の次に綺麗な方」に訂正すべきです。

う~む。書いてて虚しくなってきたのでやめましょう。

今回はかなり急な告知になってしまいましたので仕方ありませんが、最近は(投稿歴としては)新しめのリスナーさんもたくさんいらっしゃいますし、次の機会にはもっとたくさんのリスナーさんが集まることができれば良いですね。……でも、そうなると秘密基地開催は難しくなるかな? 何はともあれ、楽しい会になったようで何よりです。言ってる間に今度は京都落語会です。さらにリスナーさんをお呼びするには厳しい立地ではございますが、なんと言っても四回目! ベテランの貫禄を見せて(こういう言い方をするから嫌われます)この交流会にも負けないような楽しい会にしたいものです。

あらためて、ゼロケルビンさん、レポート有り難うございました。

そして、ご参加のみなさま、お疲れさまでした!

1 comment

1 ping

  1. ゼロケルビン

    ふりっぷさん

    お忙しい中、特設ページまで作って下さりありがとうございました。
    僕も長文ですがふりっぷさんのコメントも結構な分量ですよ!(笑)

    料理は記念に撮っておいてよかったです。古原さん的にはおしゃれな器の方に触れて欲しそうですが、そのあたりは皆あえて無視する団結ぶりでした。

    それでは次回は京都でお会いしましょう! いやー名古屋は東京にも京都にも近くてさすが日本の中心地といった感じですね!

  1. 立川こしらと古原奈々の「こしらにフルな!?」 第233回・234回 » 立川こしらと古原奈々のこしらにフルな!? ファンサイトNEO

    […] 第231回放送でゼロさんからオファーがあった、こしフル飲み会 in 秘密基地nanacoの詳細レビューですが、ようやくゼロさんから原稿が届きましたので特別企画としてアップさせていただき […]

コメントを残す