«

»

6月 23

立川こしらと古原奈々の「こしらにフルな!?」 第168回

すまいるエフエムで好評放送中の「立川こしらと古原奈々の”こしらにフルな!?”」第168回(2012年6月22日)が放送されました。

Podcastはこちらから

エムフランク? さん
ひぐまさん
K-upさん

採用おめでとうございました!

すみませんが、詳細レビューはお休みです。

いやぁ……前回の余韻を引きずりつつのリハビリ放送でした。

でも、古原さんのテンションが低い低い。声の張りでわかってしまうレベルでしたねぇ。

トークは普通に議論的なもので、こしらさんはもさすがにちょっと自重している感じながらもいつも通りに攻め立てます。が、それへの返しがテンション低い感じなので、こしらさんのハイテンションも空回りな感じでした。

ただ、さすがに前回の放送を考えると、まあリハビリとしてはこんなものかな? と思ってしまったり。

リスナーさんの投稿を最後に持ってきて、そこでようやく調子が戻った感じになって終了だったので、次回以降に期待です。

 

でも、リスナーさんの投稿きっかけでケンカが始まることもありますが、やはり基本的にはこのふたりのトークには投稿が欠かせないなとあらためて思いました。

「こしらさんが一つのネタを掘り下げて古原さんに振る → 古原さんが自説を披露 → こしらさんのつっこみ」という、まあ定番のトークの流れで進むこしフルです。

リスナー投稿などのきっかけがなければ、エンドレスでこれが繰り返され、しかも一つのネタにこだわって(悪く言うと粘着して)こしらさんがどんどん深く掘り下げていくので、どうしてもそのツッコミも、重箱の隅的なイヤらしい感じになるし、古原さんも嫌気がさしてテンションが下がってマジ切れモードに。ワンパターンなケンカの始まりです。

私はこしらさんのトークの才能はすごいと思っていますが、やはり万能ではない。

今の投稿数の低迷がそれを表しています。

人によってはそれを古原さんのせいだと見る向きもあるかも知れません(過去のケンカ放送で叩かれていたのは主に古原さんでしたから)が、やはりこれはふたり共に責任があると思わざるを得ません。

こしらさんが古原さんに遠慮してやるつもりはない、というのは理解しているつもりですし「自分のやりたいようにやる」というのも大いに結構。でも、その根底には「俺のやりたいやり方で、面白い番組を作ってやる」というものがあるのではないのでしょうか?

こしらさんが古原さんに対してよくおっしゃる「これはラジオだろ?」「リスナーさんに対して云々」という、ラジオパーソナリティとしてこうするべきだ、みたいなひとつひとつの言葉が、ご自身に跳ね返っているように思えてなりません。古原さんが意味なくこしらさんに噛みつくのに対して、ただただ自分(こしらさん)を言い負かすことに夢中になっちゃってるよ? ということも以前からたびたびおっしゃりますが、それについてもそう。

あなたもムキになっちゃってますよ? こしらさん。計算だというなら計算間違いでしょう。

古原さんに持論を認めさせるまでやめない。そんなやり方が番組の空気を悪くしているのです。

それも自分がそうやりたくてやっているんだ、と言われれば反論はできませんが、それによってどんどん投稿も減ってゆくのも思惑通りですか?

投稿が少なくなったのは、過去の古原さんのいじり方のまずさもあったと思いますが、それだけではない。

ラジオパーソナリティとしてのこしらさんのもっとも大きな魅力(とワタシは思ってます)である、リスナーいじり、メールいじりをそっちのけにしてケンカばっかりしてるからです!

ワタシはそう思います。

ただ、誤解のないよう。はじめに言ったとおり、別に古原さんに遠慮してトークをするべきだと言っているのではありません。潮時ってものがあるのではないか? ということなのです。こしらさんがパーソナリティとしてのキャリアを自慢するのであれば、押すところ、引くところをうまく調節して、ステキな流れを作る。そんなセンスを見せてください。

もちろん普段は存分にその能力を発揮されていますが、無茶苦茶になってしまう率が高い上に、同じことの繰り返しになってしまっているとワタシは思うので、あえて言わせていただいた次第です。

 

とにかくワタシは最後まで応援すると決めています。だからこそ……すみませんが言いたいことを言わせていただきました。

 

一度大幅なリニューアルを考えてもよい時期かも知れませんが、ちょっと立て直してからかな? 今回はかなりひどかったと思うので、少し流れを整えて、投稿をしっかり受け止められる状態にしてから、ちょっと考えてみてはいかがでしょう?

みなさんはいかがお考えですか?

 

長文失礼いたしました。

 

追伸

フルハラさん! 気持ちはお察ししますけど、テンションあげていきましょ! 古原さんのテンション低かったら、ゼッタイに面白くならないのですから!

がんばりましょっ!