«

»

7月 14

立川こしらと古原奈々の「こしらにフルな!?」 第171回

すまいるエフエムで好評放送中の「立川こしらと古原奈々の”こしらにフルな!?”」第171回(2012年7月13日)が放送されました。

Podcastはこちらから

エムフランクさん
エムピーさん
ニャンちゅうさん
二丁目小町さん

採用おめでとうございました!

さて、いい感じになってきた……とはいえ、先週もやな雰囲気だったのでまだまだ信用できませんw

が、それでも投稿につながるおもしろネタが結構出てきておりますので、なんとか投稿増えてくるまでは過ちを繰り返さず頑張っていただきたい!

エムフランクさん、エムピーさんが台頭されてきました! たのもしい!

声優フルハラの一日、興味深く聴かせていただきましたが……色の勉強? 一体何をされているのでしょう。

なんのためにバイトをやめたのか全く理解ができなくなってきましたが、まあ本業につながる前向きな動きだと信じておくことにいたしましょう。

そして、二丁目小町さんは無敵の熟女っぷりですことw でも確かに、古原さんにその力強さが加わると面白いことになりそうな?

ちなみに今回古原さんはなかなかいい感じ。ヘンに噛みつくでもなく、こしらさんの良い反応を引き出していらっしゃいました! 「役に立ちたい!」の流れ、いい感じだったと思いますよ~~!

また今回はニャンちゅうさんが新コーナー希望の突撃を敢行されました。

たしかにネタコーナーで頭をひねって考えるタイプのニャンちゅうさんならば、そう感じるのも無理はないですね。実際のところワタシ的には、一度立て直してふつおたが増えてきてから満を持して新コーナーの流れがいいかな? とは思っておりましたが、ここはニャンちゅうさんの気合いが他のリスナーさんをも動かすと信じて見守りたいと思います!(偉そうでスミマセン)

新コーナー

「ワタシの彼は外人部隊」

遠距離恋愛中の古原さんの彼氏(ドイツ外人部隊所属)からの便りを古原さんに届けましょう

「ふるるにななな」

古原さんのピン番組「ふるるにななな」のオープニング風景を募集!いままでのフルハラ分析を活かしたシミュレーションを送ろう!

 

わたしはあと1~2週間は様子を見て復帰するつもりですので(別に、内容が良かったら復帰してやるよ! とかそんな偉そうなことではないですよ?)今まで、とりあえず新コーナーができたら質より量で送りつけられてきたワタシのお便利投稿はありません。ぜひ大勢のリスナーさんのお力でコーナーを盛り上げていただければと思っております。ニャンちゅうさんは言い出しっぺですから、義務ですw 楽しい投稿期待してます!

で、その間ワタシは何をやっているのかというと、いつもに増して過去放送を聞き直しております。

過去のケンカ放送もじっくり聞き直し、分析に分析を重ねております。

ただ、単にケンカをやめてと言ってもムダなことはわかっていますので、投稿が減らない、増える、ためにどうすべきなのか、何をすべきでないのかという点に重点を置いて考察してみました。特に整理されているわけではありませんが、ちょっと書いてみますね。クレームじゃなくて冷静な分析としての記述ですので安心して読んで見てください。まあ、ほとんどは最近書いたことの繰り返しになりますがね……

まず、避けないといけないのは、細かい小競り合いもそうなのですが

  • 長時間にわたるグダグダケンカ

だと考えます。なぜなら……

  1. 単純に面白くない、リスナー置いてけぼりになるから
  2. グダグダになると、こしらさんの突っ込みも単なるイチャモンに成り下がってしまう
  3. 古原さんのテンションが素に戻ってしまい、リスナーのネタなど無視で「本当のワタシは」とか言い始める
  4. 空気を変えるために投稿に行くことが多いけど、そんな時に読まれた投稿は非常に痛々しい。投稿者が期待していた扱いから完全に逸脱してしまっている。

ただし、長時間に及ぶケンカっぽいトークの中でも、まともな議論、お説教になっているものもあり、全てを否定するものではありません。例えば古原さんがこしらさんにばつゲームとしてフリートークを振ったのに、ただ聴くだけでなにもせず、こしらさんに怒られたときや、京都イベント前の古原さんのあまりの段取りの悪さにこしらさんがお説教したときなどがそうでした。古原さん的にはきつかったでしょうが、こしらさんのいっている内容はただのイチャモンではなく、むしろ真摯なお説教だと感じました。……だからって推奨するわけではありませんがねw

ではどういうパターンのケンカがいけないのか? いくつかありますが、王道の最悪パターンをあげてみましょう。

こしらさん「そっちいっちゃうの~?」「そこはもっとこうすべきでしょ?」

古原さん「だめなの?」「わかってるのに!」

これは危険です。このあとこしらさんがその理由を述べるも、古原さんは納得できず、こしらさんはなんとか納得させようとどんどんツッコミ方がいやらしくなり、場合によっては詭弁になってしまうこともしばしば。この時点で相当空気が悪くなります。さらにこしらさん優勢で進んだ場合、古原さんは投げやりになって、全く面白みがなくなってしまうことになります。また、古原さんがとことん納得できないと突っぱねた場合、こしらさんの「じゃあ古原さんやってみてよ」とのおきまりの突き離しが炸裂。古原さんはそんな空気の中、大して面白く広げられるはずもなく、テンション急降下。

どちらに転んでも良くない結末を迎えることになるという、最悪の展開です。

正直個人的には、こしらさんの「そっちいっちゃうの~?」が、理解できるときもありますが、あえて差し込んでイチャモンをつけるほど古原さんがおかしな方向には行っていないと感じることもしばしばです。

実際、ホントに古原さんがとんちんかんな方向に行ってしまったときなら、ちゃんと落ちがついているように思います。が、上記のような場合なら、古原さんも納得できず、ただただ本番中に自分をけなされて、という気持ちばかりが大きくなってしまい、泥沼に向かってしまうことが多いと思います。

ですからこれはこしらさんの振り方のほうをもう少し考えるべきだとワタシは思うわけです。

もちろん、それでももっとかぶせて来いよ! とこしらさんは期待しての振りなのかも知れませんが、もういい加減、こういう振りをしても古原さんの反応がどうなるかっていうのはこしらさんもおわかりでしょうし、それなら古原さんが「いつもの」反応をしても、ご自分で綺麗にまとめるべきでしょう。それこそご自身でおっしゃる「ネタ振るなら、オチまでつけろ」の実践だと思うのですがいかがでしょう?

とまあ、これが一番典型的なケンカパターンだと思いますが、他に番組の空気が悪くなり、投稿のテンションを下げがちなポイントや注意点をあげてみましょう。

  • 権利関係の話には気をつけろ!

CDやイカタン発売の時などを思い出していただければ良いと思います。ネタとして取り分の話とか出す分には良いのですが、こしらさんが無茶に突っ込み、古原さんが素で返すというパターンに陥りがち。正直番組外でやってほしいと思ったものです。番組きっかけで物販やイベントするってリスナー側から見ると単純に嬉しいもの。それをネタにつまらない権利闘争はしないでほしい。こしらさんが乗れないほど古原さんの持って行き方がマズイのなら、事前に打ち合わせすればいいだけです。それをしないで本番で余計なものまで垂れ流すのは、リスナーのテンションを下げる要因になると思います。

  • 本当のワタシは禁止

とはいっても、これはネタコーナーでのお話です。フリートークの中でたまに古原さんが持論をきっちり語るのは楽しくもあり、頷ける部分もあるのです。が、特に注意していただきたいのは、今までにも何度か言いましたが「ネタにマジレス」です。最近の例で言うと「一画入魂」の終盤でしょうか。

「これはコーナーだからそう言ってるだけ!」「こうやった方が面白いと思ったからやってるだけ!」などのお言葉が頻繁に飛び出しておりましたが、そう言われたら投稿する気も萎えるって……わかってもらえるのかな? もしかすると、古原さん的にはネタとしてワガママっぽくそういっているのかも知れませんが、だいたいこの手の台詞はこしらさんの執拗な突っ込みに嫌気がさした頃に出てくるので、そうは聞こえないのです。

あと、それに関連して「これは番組のキャラとしてやってるだけで、普段のワタシは違います!」というのも多いですが、これも場面や言い方によってはそれ自体ネタになり得る発言なのですが、やはり出しどころとその時のテンションの低さのせいで、そうは聞こえないんですよね~。

たとえてみれば、アイドル声優さんのラジオで萌え萌えきゅんな声優さんが、いきなり素に戻って「わたしは普段は全くこんなキャラじゃありません。萌えなんて興味ないし、オタクにはもっと興味ないです。番組だから萌え萌え言ってるだけです」と断りを入れてから萌え萌えコーナーを始めるようなものです。リスナーも大人ですから、放送中の古原さんが100%本当の古原さんだなんて思ってませんし、安心してワガママで不思議ちゃんな、ちょいキモ声優を演じてください。ってか、演技してるっていう人が、演技中にこれは演技ですって主張するなんておかしいですw

この辺の言動は本当に投稿するテンション、またネタ出しに悪影響を与えます。フルハラコーナーに投稿があまり来なかったのは古原さんのいじり下手も大きな要因でしたが、全体的な投稿数の低迷はむしろこっちが大きいと感じています。いじり下手は「わかってるけどできないの!」とのことでしたが、これは違いますよね? よろしくお願いします。

  • こしら大好きで行こう!

これは個人的な趣味かも知れませんが、古原さんのスタンスが「こしらさんすごい!」「ついて行きたい!」って感じの時の方が、ネタが大きくふくらむような気がしますね。こしらさんにキモがられる古原さんは可哀相ですが、こしらさんも有頂天になってみたり、キモがってみたりとなかなかステキな反応を見せてくださいます。

それに関連してのお話になりますが、こしらさんにいじめられるとつい普通の悪口で返してしまう古原さん。

う~ん、もったいない!

「別に本気でこしらさんのこと大物だなんて思ってません」「こしらさんもつまらない」「こしらさんもできてない」などが代表的な発言ですが、本当にただ悪口を言い返しただけになることがほとんどなんですよね……。ラジオのトークとして悪口言い返すなら、そこから広げなくっちゃ……。とにかく単に反撃したい人にしか見えないのでご注意を。

  • ケンカの勝ち負けはトークの質で

これはお二人共に言えることですが、ケンカが始まるとお互い自分の方が正しいということを認めさせようと、ただの醜い言い争いに終始してしまいます。内容的にはこしらさんがもっともなことを言っていると思うときの方が多いとは思いますが、古原さんが正しいと思うことも意外にあります。

でも、そんなことはどうでもいいです。

結局それでグダグダなケンカ放送になってしまったのなら、二人とも惨敗ですよ。逆にこしらさんがガンガン理屈をぶつけて攻撃に出ているときに、古原さんの起死回生のボケでこしらさんが大笑いしてうまくおさまったのなら、いくらこしらさんの言い分が正しかったとしても、古原さんの大勝利と言えるでしょう。実際そういう流れも数限りなくあったのです。今までに。

いちいちそれで古原さんを褒め称えるメールなんて送りませんが、ちゃんとワタシはそういう古原さんも見ています。他のリスナーさんもそうではないでしょうか? だからこそ……それができる古原さんだからこそ、もっとガンバレって言いたくなっちゃうのです。

おっと。少しそれましたが、ちゃんとした議論になっているならともかく、明らかに雰囲気の悪い状態に向かっている時ならば、内容の是非よりもうまく、面白くさっさと落とした方が勝ちです。そこをきちんと意識していただければ、長いだけのつまらないケンカ放送も少なくなり、投稿の数もきっと増えてくるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

投稿を休んでいる分のパワーを間違った方向に発揮している、煮詰まりくんの勇姿を楽しんでいただけたでしょうか?

はじめに言ったとおり、これは全く怒っていない状態で書いています。クレームではありません。愛です。

ただ、あえて自分の思い込みを正しいものと断定して書かせていただいてますので、それこそイチャモンに感じられる方もいらっしゃるかも知れませんね。でも、かまいません。

ここ最近言ってきたように、今は声を上げるべき時だと思っておりますので。

 

とにかくこの長文からお察しいただけるとおり、こしフル熱は全く冷めておりません。

近日中に投稿物量作戦を再開いたしますので、煮詰まりくんの称号を奪いたい方は今のうちですよ!

では、以下詳細レビューです

 

 

今回の聴きどころ

  • わかりやすい増長ぶり、立川こしら
  • なんだがなんだ、立川こしら
  • 今週の一曲「はじめての熟女PART2」
  • 裏の名前がちらつく、古原奈々
  • 身体が武器にならないお年頃、古原奈々
  • 声優フルハラの一日
  • カツウラ養子計画
  • 新番組「なななにふるる」
  • 新コーナー「わたしの彼は外人部隊」
  • 新コーナー「ふるるにななな」
  • ワタシは影で頑張るオンナ……と公言、古原奈々

 

コーナー

ふたりは息ぴったん

  • お題「思い出のアニメといえば?」
  • アイドル伝説フルハラ
  • スターだす、古原奈々
  • わかりやすい増長ぶり、立川こしら
  • なんだがなんだ、立川こしら

 

目指せ熟女

  • 熟女は外人部隊を追い詰める、古原奈々
  • 熟女は外人部隊をゴミに出す、古原奈々
  • レインはレインなんだ! 立川こしら

 

 

番組にお便りを出しましょう!

募集コーナー

  • ふつおた
  • 「二人は息ぴったん」のお題
  • 「こんなわがままな古原奈々を見た!」 (終了しましたが独断で残しますw)
  • 「古原式ことわざ辞典」 (故事成語、4文字熟語、格言、台詞もあり)
  • 「フルハラ謎かけ」
  • 「あなたの街の立川こしら」 (休眠中)
  • 「勝ち抜きフルハラリングバトル」(休眠中)
  • 「フルハラ熟女化計画」
  • 「ワタシのアハハン」(女性限定・あなたの性的興奮ポイントを投稿!)
  • 「京都情報」(ふりっぷ禁止)
  • 「アメ順先生の曲紹介」
  • 「○○を無くした○○人」(人種差別に注意)
  • 「ワタシの彼は外人部隊」(新コーナー)
  • 「なななにふるる」(新コーナー)

メール : kn@fm767.net
FAX : (048)229 9434
郵便 : 〒351-8520
すまいるエフエム「立川こしらと古原奈々の”こしらにフルな?!”」係

すまいるエフエム
立川こしらと古原奈々のこしらにフルな 公式ブログ
すまいるエフエム Podcast配信サイト
サイマルラジオ(リアルタイムネット配信)
立川こしら (第プロ) 公式ページ
古物 立川こしら(サーバー停止中)
古原奈々公式ページ 「ふわふわふるるん」(2012年2月 終了しました)
古原奈々公式ブログ「ななごよみ」
フルハラ的不思議通販 「NANA’s basket」
NYT2 on USTREAM(会員制)
furunana’s live!! フルナマ!on USTREAM
立川こしら 公式ブログ – GREE
月でうさぎが餅ついてる(ながうさん&ニャンちゅうさんのフルハラ好き好きラジオ)
立川こしら 京都落語会特設サイト
麻衣夢のホームページ
神感覚・和心ユニット「仁王」~仁王軍本陣
愛甲ミカ web site てくてく