«

»

10月 06

立川こしらと古原奈々の「こしらにフルな!?」 第183回

すまいるエフエムで好評放送中の「立川こしらと古原奈々の”こしらにフルな!?”」第183回(2012年10月5日)が放送されました。

Podcastはこちらから

ミッキー立川の朝霞で勝負さん
島根県の前田さん
エムピーさん
ニャンちゅうさん
悪い子むくちゃん

採用おめでとうございました!

いやぁ。

うれし恥ずかしの初採用投稿を晒してみました。

なんてユルいんだ……。

でも、あの頃は本当にこしフルが始まったのが嬉しかったんですよね~。だからラジオ投稿などしたことなかったわたしが初メールを送ってみたわけです。読まれた時はゾクゾクッとするくらい感激したのを今もおぼえております。

それから3年以上が経ち……ここまでこんがらがってしまいました。

新規リスナーさんにも気軽に投稿していただきたいから、あんまりコアな投稿を送るのもどうかな~と思いつつ、どんどんエスカレートする一方です。なんというか……昔には戻れないのですね。

番組中でこしらさんが言っていたとおり、成長かどうかは置いといて、ワタシの投稿が番組と共に変化を続けてきたのは事実。それも自然とエスカレートした部分だけではなく、結構意識して投稿の方向性を変えてきたというのが本当のところです。

ワガママフルハラコーナーが始まった当初は、ネタもほぼ完全なフィクションでした。それが、ななごよみなどから題材を得てリアルに絡ませる方向へ。ネタとしては面白く作りやすいのですが、実際の言動を題材にするだけに、フルハラ批判っぽい内容になってしまうことも多くなったように思います。

番組の方は、第一回生放送前後あたりから、空気の悪い放送もちらほら出始めましたが、それが番組1時間化を境に悪化。全体としてみれば番組は京都イベントの話も出始め盛り上がってはおりましたが、変に時間に余裕が出来たのがよくなかったのか、しばしば言い争いが。ワタシは基本的に古原さんがなんでも文字通りとってしまって、とにかくこしらさんに言い返すことに夢中になるところに原因があると思い、ダメ出しメールだけで無く、このファンサイト上でも幾度となくそれを指摘しました。

その分析自体は今でもそれほど間違っていたとは思いませんが、古原さんの性格の本質的なところをまだまだわかっていなかったというか、受け入れていなかったのだとも思います。

そんなワタシも京都イベントでおふたりにお会いして、その素顔に触れたことで、フルハラ応援の色を強くする傾向に。ダメ出しはするけれど、古原さんの苦心も出来るだけ汲み取ろうと意識するようになりました。

が、その頃、コアな常連さんほどフルハラ叩きの色が濃くなってきたように感じていました。もちろんネタとして送っていらっしゃるとは思いつつ、そのネタの中に結構本気のいらだちを感じておりました。で、よせばいいのに古原さんは「フルハラ批判募集」のコーナーを立ち上げてしまいました。

ただ、ワタシは古原さんに関して、あからさまに叩いてもよい方向には行かないと感じていたので、数あるこしフルコーナーの中でも、このコーナーにだけは投稿しませんでした。その分「古原奈々の応援団長」コーナーに数多く投稿していたのですが、ここで痛恨のミスが! フルハラ批判のコーナーを終わらせようと思って送ったメールを、こしらさん達が曲解して、応援団長コーナーを終わらせてしまったのです。

しまったと思うものの、後の祭り。

ならばということで、ワタシは投稿のスタイルを、古原さんをいじるにしても、完全にネタとわかるものにする方向にチェンジしてゆきます。そしてそれと同時に、自分のキャラを前面に出すことで、こしらさんのいじりの対象を古原さんだけでなく、ワタシ自身にも向くように意識し始めました。この傾向にプラスして、ワタシがこしらさんの落語会を主催させていただいたりしたことが相まって、我ながらどんどん目立つ……というか前に前に出過ぎてしまいはじめたのです。

これは本来ワタシの望むものではありませんでした。

自分自身「なんか出過ぎたヤなリスナーだなぁ……」と思いつつ、しかし折しも投稿数の低迷を感じていたので、なんとか番組を盛り上げたい一心で突っ走るしかありませんでした。

そして、今年になり、フルハライブ失敗発言、ひっどいケンカ放送があり、心が折れそうになりましたが、頑張り続けるニャンちゅうさんの姿に奮起。再び立ち上がったのでした。その時、自分を前面に出すにしても、また少しスタイルを変えてみました。それがここ最近の「上から目線」「先生」などのイヤなキャラですw 実はこれも自分なりには意味があって、そうすることで、古原さんだけではなく、こしらさんを攻めるネタを書きやすくなるということと、こしらさんの攻撃の矛先を古原さんだけでなく、ワタシにも分散させようということでした。

で、幸か不幸か、その目論見はうまくいってしまい、なかなか鋭い攻撃の手がこちらにも……w

で、なぜかそういう時だけ古原さんと意気投合して攻め込んできますから、毎回のように罵詈雑言が浴びせられることになってしまいましたw でも、番組的には古原さんだけが延々責められているという色が薄くなっているように感じますので、これでよかったのかなと思わなくもありません。

うーん。

なんだか古原さん張りの、苦労自慢なお話になってしまってますね……。

初投稿発掘ネタと、エムピーさんの「こしフルの歴史」というお言葉に触発され、なつかしく自分の投稿の歴史を思い起こしていただけなんですけどねぇ。

誤解の無いように言っておきますと、ワタシは別に、ワタシの投稿の方向性が番組を実際に左右したと思っているわけではありません。数ある投稿戦士のうちのひとりですから。ただ、その時々の番組の流れを自分なりに分析して、番組を良くしたいと思って工夫を凝らし、行動してきたのは事実なのです。だからワタシがこしフルの歴史を語る時には「その時ワタシはどう感じていたか」「そしてどういう行動を起こしたか」、これを抜きに語ることは出来ないのです。

これだけこじれにこじれて応援し、愛し続けてきたこの番組が。

もっともっと盛り上がり、そして、多くの人に長く愛され続けることを、願ってやみません。

 

うん。

出過ぎてしまって困惑する最近ですが。

もう、仕方ないから、アンチふりっぷが大勢出現するくらいに突っ走るしかないようです。

 

とりあえず最後にひと言。

投稿増えたら、ワタシの投稿の長さも少しは短くなる予定です。

長文が鬱陶しいと思う方は、どうぞご自分で投稿してワタシの投稿を短くしてやってくださいませ。

まあ……予定は未定……ですけどね?

 

そんなわけで、今回の放送ですが、ミッキー立川の朝霞で勝負さんの息ぴったんで幕を開けました。

なんと今回は島根県の前田さんが登場! なんか前回は横浜のわややさんとおっしゃる方が登場されていましたし、なんか地名付きのラジオネームがはやっているのでしょうか?w

それにしても、前田さんは58週の時代遅れと見せかけつつ、実は超科学力を駆使するマッドサイエンティストであることが判明! 次のご投稿が楽しみです。

そして、ワタシの投稿が入りますが、そこで取り上げられた秘密クラブふるるにななこ(ホントはひみつ基地ななこ【綴りは適当】)中継レポートですが……いやぁ、ひどかったw

それにしてもシロアリハウスとは……さすがです! ホントにオープンできるの……?

頑張ってくださいよ? 古原さん!

で、お次はニャンちゅうさん!

京都落語会に変なお面を送りつけるのはご勘弁ください! っていうか、ニャンちゅうさん本体が京都に来なさい!

エムピーさんはナイスなご提案。

深夜の生放送、来るか!?

カツムラさん! なんとかして!

で、今日も登場、悪い子むくちゃん。感じた時には「感じてます!」を忘れないように! 古原先生のご指導ですからね?

そして最後は外人部隊ですが……ぶつ切りにされたワタシのネタもようやく最終回を迎えました。もうどうでもいいw

で、ちょっと前回、今回と気になったのですが、なんかこしらさん演じるフルハラ声テンションが低いですねぇ。芸風をチェンジしたのか、はたまた適当にやっているのか!?w

あの声で再生されることを想定してネタを作っているので、何とかしていただきたいものですな!

この、外人部隊コーナーですが、古原さん的には早く終わってほしいとのこと。

これは頑張って投稿を続けるしかありませんな。ぜひ皆さんもご支援お願いいたします!

 

最後に、古原さんがゲスト出演された「仁王 阿吽の呼吸」ですが、こちらからお聴き下さい。

2012年10月3日放送分です。

なんか色々もの申したい気分になるフルハラクオリティですが……まあ、次回も引き続き古原さんが登場されるようですので、今は黙っておきましょう……。そして、古原先生のご出演のあとには……ヤツが来るのか!? どうでしょうか。楽しみですねぇ。

それではえらく長くなってしまいましたが、以下詳細レビューです

 

 

今回の聴きどころ

  • 阿吽の呼吸出演、古原奈々
  • イジメっこ、古原奈々
  • 芽は抜かれ、道は枯れる、古原奈々
  • 駅前ポエマー「秋は切ない」古原奈々
  • 58週遅れ、島根県の前田さん
  • 超科学力、前田さん
  • ひまじん、こしフルリスナー
  • ゆるゆるふりっぷ
  • 初投稿でフルババァ!
  • ふりっぷにはうんざりよ! 古原奈々
  • ふりっぷには心がない! 立川こしら
  • 空間プロデューサー(大笑い)古原奈々
  • ボロい天井とピンクのシャンデリア、秘密クラブ
  • シロアリハウス、秘密クラブふるるにななこ
  • ピンクと頭生放送、古原奈々
  • 自称マザコンじゃないオトコ、ニャンちゅうさん
  • 客はオールフルハラ、京都落語会
  • 司令官ななこ
  • 夜ナマ5時間放送、200回記念
  • すまいるエフエム三巨頭、津久井&フルハラ&なんだ
  • 彼氏と昇進H、むくちゃん
  • 感じた時には「感じてます!」古原奈々

 

コーナー

ふたりは息ぴったん

  • お題「10月といえば?」
  • ぴったん拒否、立川こしら
  • 本質を見るオンナ、古原奈々

 

ワタシの彼は外人部隊

  • 忠誠心は舐めてあらわす
  • 近づく者は容赦しない!
  • 愛のふりっぷ劇場「女王と兵士の物語」完
  • おばちゃん悲しい、古原奈々

 

 

番組にお便りを出しましょう!

募集コーナー

  • ふつおた
  • 「二人は息ぴったん」のお題
  • 「こんなわがままな古原奈々を見た!」 (終了しましたが独断で残しますw)
  • 「古原式ことわざ辞典」 (故事成語、4文字熟語、格言、台詞もあり)
  • 「フルハラ熟女化計画」
  • 「ワタシのアハハン」(女性限定・あなたの性的興奮ポイントを投稿!)
  • 「京都情報」(ふりっぷ禁止)
  • 「アメ順先生の曲紹介」
  • 「○○を無くした○○人」(人種差別に注意)
  • 「ワタシの彼は外人部隊」
  • 「ふるるにななな」

メール : kn@fm767.net
FAX : (048)229 9434
郵便 : 〒351-8520
すまいるエフエム「立川こしらと古原奈々の”こしらにフルな?!”」係

すまいるエフエム
立川こしらと古原奈々のこしらにフルな 公式ブログ
すまいるエフエム Podcast配信サイト
サイマルラジオ(リアルタイムネット配信)
立川こしら公式サイト
合同会社 第プロ
古原奈々公式ブログ「ななごよみ」
フルハラ的不思議通販 「NANA’s basket」
NYT2 on USTREAM(会員制)
furunana’s live!! フルナマ!on USTREAM
立川こしら 公式ブログ – GREE
神感覚・和心ユニット「仁王」~仁王軍本陣
月でうさぎが餅ついてる(ながうさん&ニャンちゅうさんのフルハラ好き好きラジオ)
立川こしら 京都落語会特設サイト
麻衣夢のホームページ
愛甲ミカ web site てくてく
古物 立川こしら(サーバー停止中)
古原奈々公式ページ 「ふわふわふるるん」(2012年2月 終了しました)